ホーム > 事業概要 > 設計 > 防災設計 > 基礎調査業務

基礎調査業務

目的

 基礎調査は、急傾斜地の崩壊、土石流、地滑りのおそれがある土地(原因地)に関する地形、地質等の調査をするとともに、土砂の予想到達範囲、土砂災害の発生のおそれがある土地の利用状況等の調査を行います。

 それらの調査に基づき土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定、土砂災害警戒区域内における警戒避難体制の整備、土砂災害特別警戒区域における土石等の移動により建築物に作用する力の算定等、この法律を施行する上で不可欠のデータを収集するため、「基本指針」である「土砂災害防止対策基本指針」に基づき、おおむね5年ごとに行う調査を目的とします。


国土交通省のホームページにおいて、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域及び土砂災害防止対策基本指針についての詳細が確認出来ます。

内容

 基礎調査は、危害のおそれのある土地等に関する地形、地質、降水等の状況および危害のおそれのある土地等の利用の状況、その他の事項に関して行い、具体的には次の項目について調査を行います。


  • 資料の収集・整理
  • 危害のおそれのある箇所の抽出
  • 地形、地質、降水の状況に関する調査
  • 土砂災害防止施設等の設置状況に関する調査
  • 過去の土砂災害に関する調査
  • 危害のおそれのある土地等の区域の設定
  • 危害のおそれのある土地等の社会状況に関する調査

技術ポイント

 区域指定された土地は、建築等の制限を受けることを十分認識し、綿密な資料調査及び現地調査を行い、その結果をもとに土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定を行うための正確な資料の作成を目指します。

業務実績

年度 業務名 業務場所 発注者名
2016 基礎調査業務委託(砂防・交付) いわき市内 福島県
2015 基礎調査業務委託(砂防調査) いわき市内 福島県
2014 基礎調査業務委託(砂防・交付)桜井1号外 いわき市内 福島県
2013 基礎調査業務委託(砂防・交付)川平1号外 いわき市内 福島県
2012 基礎調査業務委託(砂防・交付)平太郎1号外 いわき市内 福島県
2011 基礎調査業務委託(砂防・交付) いわき市内 福島県
2010 基礎調査業務委託(総合流域防災事業費) いわき市内 福島県
2009 基礎調査業務委託(総合流域防災事業費) いわき市内 福島県
2008 基礎調査業務委託(総合流域防災事業費) いわき市内 福島県
Copyright(C)2000 Futaba Consultant Co.,Ltd. All rights reserved.