ホーム > 事業概要 > 設計 > 都市計画設計 > 調整池・調節池設計

調整池・調節池設計

目的

 調節池・調整池は、宅地開発などにより雨水の浸透面が失われ、雨水流出量が増大する場合に一時的または恒久的に設置されます。

 設置目的は、洪水時に一時的に雨水を貯めて徐々に放流させ、下流での局地的な氾濫を抑える機能を有します。

内容

 計画地からの流末調査をもとに許容放流量を算定し、計画地の地形や用途に応じて、貯留型施設(オフサイト式、オンサイト式)や浸透型施設(浸透施設、浸透トレンチ)を計画します。


調整池

浸透施設

技術ポイント

 浸透型施設の設計においては、調整池計算(厳密法)に浸透能力を併用させた自社開発のプログラムを使用しています。

業務実績

年度 業務名 業務場所 発注者名
2016 林地開発に伴う許認可(変更)申請業務 楢葉町地内 民間会社
2015 林地開発に伴う許認可申請業務 いわき市内 民間会社
2014 林地開発に伴う許認可(変更)申請業務 楢葉町地内 民間会社
2013 砂利採取計画認可に伴う測量設計業務 いわき市内 民間会社
2012 砂利採取計画認可に伴う測量設計業務 いわき市内 民間会社
2011 林地開発変更業務(土取場) いわき市地内 民間会社
2010 私立病院建替計画に伴う開発許認可業務 二本松市地内 民間会社
2009 工場用地開発事業 西白河郡矢吹町地内 民間会社
2002 北沢又ニュータウン開発事業 福島市北沢又・南沢又地内 民間会社

Copyright(C)2000 Futaba Consultant Co.,Ltd. All rights reserved.