ホーム > 事業概要 > 測量 > 情報化施工 > TS(トータルステーション)出来形測量(情報化施工対応)

TS(トータルステーション)出来形測量(情報化施工対応)


出来形計測状況

 「情報化施工」を利用した施工管理方法は、出来形計測において一般的に利用されているレベルやテープに代わり、TSに施工管理データを搭載し3次元での座標値の取得を行います。これにより現場においては、TSの画面上で出来形確認が容易となり、統一されたフォーマットで簡単に出来形帳票や出来形図の自動作成を行う事ができます。また、出来形管理だけだはなく工事丁張にも利用可能です。


※「国土交通省 国土技術政策総合研究所ホームページ」にて、TSを用いた出来形管理の基準類がダウンロード出来ます。

「情報化施工」

 情報化施工とは、情報化技術を建設施工に適用して、多様な情報の活用を図ることにより、施工の合理化を図る生産システムです。

 データコレクタやPC等により3次元設計データを入力し、そのデータを現場で直接使用する事により、ミスの少ない高効率な現場作業を実現します。

 また、CALS/ECの取り組みと合わせ、調査・計画・施工・検査・管理段階も含めた一連の作業の流れの中で建設事業の効率化が期待されます。

目的

 出来形計測結果と同時に現場で設計値との比較ができ、迅速に出来形不足が発見できます。公共工事における品質確保、工期短縮ができます。

 データ連動による出来形管理、確認等の軽減及び「技術評価点」アップのサポートをし、出来形測定作業時の安全性の確保ができます。

内容

  • 3次元設計データを用いて、TS(トータルステーション)による出来形管理を行います。
  • 現場で取得したデータをそのまま帳票等に取り込むことができます。
  • 電子データ(XML)として保存し納品できます。
  • 現在の適用範囲は、道路土工は、掘削工、路体盛土工、路床盛土工に、河川、海岸、砂防土工は、掘削工、盛土工に適用されます。

技術ポイント

  • 施工現場内での観測機器移動回数が減少するため効率アップします。
  • 任意断面での確認が簡単にできます。(あらかじめ設定しておいた設計値との比較が容易になります。)
  • 複数の出来形断面を、まとめて観測が可能であり、法面等での観測もより早く・安全にできます。
  • 多くの管理ポイントデータを取得することにより、均一な出来形の確保ができます。

業務実績

年度 業務名 業務場所 発注者名
2017 山崎地区道路改良舗装工事 いわき市平地内 建設会社
2017 H29鬼怒川右岸向石下築堤工事 茨城県常総市地内 建設会社
2017 H29荒川西区昭和外築堤工事 埼玉県さいたま市地内 建設会社
2017 H29鬼怒川左岸寺畑築堤工事 茨城県常総市地内 建設会社
2016 いわき石川線
道路橋りょう整備(再復)工事(道路改良)
いわき市遠野町地内 建設会社
2016 上ノ台地区道路改良工事 伊達市霊山町地内 建設会社
2016 H27樋ノ口築堤工事 茨城県常総市地内 建設会社
2016 圏央道弓田地区改良その3工事 茨城県坂東市地内 建設会社
2016 H28小高地区整備工事 茨城県行方市地内 建設会社
2015 四倉久之浜地区改良工事 いわき市久之浜町地内 建設会社
2015 H26西水元三丁目地区堤防整備工事 東京都葛飾区地内 建設会社
2015 圏央道内野山地区改良その4工事 茨城県坂東市地内 建設会社
2014 四倉久之浜地区改良工事 いわき市久之浜町地内 建設会社
2014 圏央道山崎地区改良その5工事 茨城県猿島郡境町地内 建設会社
2014 H25柳原地区河道堀削工事 茨城県常総市地内 建設会社
Copyright(C)2000 Futaba Consultant Co.,Ltd. All rights reserved.